空白 講座数 207 会員数

Q&A

放送作家講座がよくわかる!講座紹介
  • あんしん特典
  • ビデオ講座
  • 質問
  • レポート添削
  • テキスト付
講師:放送作家 藤原琢也
受講料:総額26,667円(税抜)[eラーニングのみ]
受講期間:6ヶ月
※現在、講座販売を停止しております
こちらでは「放送作家養成講座」に関するご質問と回答をまとめています。N-Academy全体に関するQ&Aはこちらをご参照ください。
トークアカデミーについて教えてください。
トークロゴ「SOプロ・トークアカデミー」を運営する株式会社エス・オー・プロモーションは、1971年創業の老舗フリーアナウンサー事務所。また、放送番組制作・イベントプロデュース・キャスティング・アーティストブッキング・スクール運営などの業務も行っている。

スクール事業として、1993年に押阪忍のトークアカデミーを開講。2007年6月に、アナウンスコース、ラジオDJコース、放送作家コース、朗読コース、2011年にブライダルMCコースを開講し、信頼と実績をもとにジャンルもパワーアップ。修了生は既に1,500名を超え、 200名以上がプロとして、テレビ、ラジオ、イベントなどで活躍している。

講師陣には、様々な分野において第一線で活躍中のプロフェッショナルを迎え、プロを目指したい、マスコミ業界へ転身したいという方から、コミュニケーションスキルやビジネススキルを向上させたいという方まで、「受講生ひとりひとりの現状スキルと目標」に応じたフレキシブルで専門性の高いカリキュラムを特長としている。

スクーリング ワークショップは、「SOプロ・トークアカデミー」が運営いたします。
どのような人が受講していますか?
放送作家を目指されている方がほとんどですが、それ以外にも、企画部門でお仕事をされている方やご自分で映像などの制作を考えている方なども受講されています。
放送作家になる以外にも活用できる講座ですか?
充分活用できます。
テレビ企画のプロの考え方やアイディアの出し方が分かりますので、企画力、発想力を身に付けるヒントになると思います。
講師の藤原琢也さんについて教えてください。
この道30年の大ベテランです。
代表作には『アメリカ横断ウルトラクイズ』『独占!スポーツ情報』『おもいッきりテレビ』『ズームイン!朝』『ザ!情報ツウ』『追跡!』『スーパーテレビ情報最前線』『伊東家の食卓』『24時間テレビ』『皇室日記』『たけしの日本教育白書』『花王ファミリースペシャル』『たけしの誰でもピカソ』『スポーツ忘年会』『徳光&所のスポーツえらい人グランプリ』『スポーツ超人選手権』『世界記録工場』などがあり、スポーツ番組、家庭情報番組、バラエティ、ニュース、ワイドショーと、あらゆるジャンルの番組を手がけています。
カリキュラムが修了したら、すぐにプロになれるのでしょうか。
放送作家の仕事は、プロの定義が大変難しい職種です。テレビというメディアで活躍するとなると、すぐには難しいと言えます。
講座の中でも伝えておりますが、テレビ番組の企画は番組制作スタッフと組んで進めていくので、メディア業界に繋がりを持つことが必要となります。その第一歩が、この講座のワークショップでもあります。

ただ、テレビ以外にもWeb番組やイベントなど活躍の場所は広くありますので、場合によっては、すぐに企画・作家の仕事を掴む方もいらっしゃいます。
eラーニングとワークショップで学べることは異なるのでしょうか?
eラーニングでは、アイディアの出し方、企画の立て方、企画書の書き方などを中心に学びます。

スクーリング形式のワークショップでは、実際に作成した企画書がテレビ業界で通用するかの確認と企画のブラッシュアップ、さらには、企画会議のロールプレイングを通じ、企画書作成以外の放送作家に必要な素養を学びます。
講座で作成する番組企画書は自分の書きたいことを書けるのでしょうか。
書けます。
ただ、それをどのように企画にしていくのか、そして、どのメディアで発信していくのかによっても、番組として成立する内容、しない内容があると思います。その内容につきましては、講座で学んで頂けます。
30歳を超えているのですが、今から放送作家を目指すことはできますか?
できます。
一般的には、若い方の方がチャンスがあると言われていますが、積み重ねてきた経験が活かされる企画もありますので、放送作家を目指すのに年齢制限は無いと思います。
講座一覧

無料講座


受講者の声
女子会で出会ったタロットが自分の仕事になりました。
タロット占い
続きを見る
1ヵ月の親子レッスンで効果を実感。自己ベストを更新!
かけっこ
続きを見る
ばれやすい方法や重要な場面など、なるほど!な指摘ばかり
マジック
続きを見る
パティシエには男性もいる。男がスイーツを作るのは自然なこと。
スイーツ
続きを見る
学割

奨学割