フォニックス講座 フォニックス講座
  • ずっと見られる

  • ビデオ講義

  • 資格取得対応

  • テスト

  • 質問

  • 講師:伊藤 明美(いとう あけみ)
  • 受講料:総額10,000円(税抜)
    (「mpiフォニックス認定®試験‐知識編‐」認定料/認定証発行料等が含まれます)
  • 受講期間:3ヶ月

phonics mpi知らなかった!フォニックスの84のルールで
英語の発音が画期的に良くなる


あなたのカタカナ英語を、通じる英語に!フォニックス学習で発音に自信がつく

フォニックス」とは、音と文字の関係性を学ぶ“音声学習法”です。英語圏の子どもたちが読み書きを覚えるために開発され、今も英語圏の子どもたちはフォニックスを学習しています。

日本には、英語の発音に自信がないから、英語を話すのが恥ずかしい方、英語が通じなかった悔しい経験をした大人の方が多くいます。英語にカタカナをふって発音してきた、ローマ字読みにしてきた、発音記号をたよりに英語の単語を読んでいた日本の大人のみなさん、私たちは長い英語学習の過程で、フォニックスを学ぶ機会がありませんでした。

今、多くの日本の子どもたちがフォニックスを学び、通じる発音を学び、カナをふらずに自力で英語が読めるようになってきています。大人の皆さん!今からでも遅くありません。たった 84のフォニックスルールさえ学べば、英語の発音が苦手な方も、発音が画期的に上達して、通じる英語でコミュニケーションができるようになります。

そして、講座修了時には「mpiフォニックス認定®試験‐知識編‐」で腕試しの確認テストをオンラインで受けましょう。合格すると、 デジタル認定証が発行されます。

phonics mpiフォニックス84のルール


84のルールは4つのグループに分類されます。

第1グループ1文字1音グループ

英語のアルファベット26文字には「名前」と「音」がある。

第2グループ名前読みの母音グループ

2つの母音文字が1組となっているとき、1番目を名前読みし、2番目は読まない

第3グループ2文字で新しい音グループ

2つの文字が新しい1音を表す

第4グループ混ざり合った音グループ

2つ、または3つの文字が各々の音を残しながら、混ぜ合わされた音を表す
フォニックス84のルール

phonics mpiフォニックス講座の特長


特長1講師に質問ができる

学習中に疑問に思ったことは、受講期間である3ヶ月中、2回までメールで質問ができます。

特長2短時間で効果がある

学ぶ84のルールのうち、アルファベットそれぞれの26文字が持つ音を26のルールと数えます。 ルールの数はけっして多くありません。例えば5つの母音、a/e/i/o/u が正しい発音になると画期的に英語らしくなります。フォニックス学習は発音上達に即効性があります。

特長3指導者を目指すことができる

指導者を目指すことができる 日本で唯一の認定試験、「mpiフォニックス認定®試験‐知識編‐」資格を取得できます。 本講座は、mpi主催セミナー「mpiフォニックス指導法コース」3講座の第一回目「mpi式フォニックスのルールと発音を学ぼう」に該当します。本講座修了でセミナーの第二回目、第三回目から受講することができます。

セミナー詳細はこちら

phonics mpi対象者


英語の発音に自信がない方、英語がなかなか通じない方、カタカナ英語を卒業したい方

フォニックスルールを知りたい方

「mpiフォニックス認定®試験‐知識編‐」で資格を取得したい方

phonics mpi習得目標


目標1英語の発音に自信が持てるようになる

84のフォニックスルールを知ることで、発音記号もカタカナも介せず英語の文字そのものを読めるようになり、聞いただけで単語の綴りが分かるようになる。正しく発音することにより、英語でのコミュニケーションに自信が持てるようになる。

目標2「mpiフォニックス認定®試験‐知識編‐」で資格を取得

日本で唯一の認定試験「mpiフォニックス認定®試験‐知識編‐」でデジタル認定証を取得。スマホでいつでも見せることができる。

「mpiフォニックス認定®試験-知識編- 」とは



mpi松香フォニックス認定「mpiフォニックス認定®試験 」(オンライン試験)は、mpiが推奨するフォニックスに関する知識が、習得されているかを測り認定するものです。「mpiフォニックス認定®試験 」は、日本で唯一のフォニックス認定試験です。
本動画講座を受講し、オンライン試験に合格すると、「デジタル認定証」が発行されます。

<試験内容>

制限時間:45分
出題数:リスニング問題25問、知識問題25問(合計50問)
形式:選択問題
合格点:30点
受験可能回数:2回(不合格の場合はもう一度受験が可能です。同じ問題で、追加料金はありません。) 特徴3

デジタル認定証とは…

PCやスマートフォンで表示できる認定証です。紙の証書と異なり携帯しやすく、紛失のおそれもありません。ご自身の資格を手軽に説明・証明することができます。
*A4サイズの認定証は発行料別途2,000円で承ります。詳細は受講開始後、学習サイト内でご案内します。

mpiフォニックス英語発音講座


84のフォニックスルールを4つのグループごとに習得していきます。修了後には「mpiフォニックス認定®試験‐知識編‐」をオンラインで受検できます。

第1回フォニックスを学ぶとこんないいことがある

1346
講義時間
フォニックスを学ぶとこんないいことがある

第2回第1グループ(1文字1音グループ)

2018
講義時間
第1グループ(1文字1音グループ)

・フォニックス・アルファベット・子音・(短)母音

第3回第2グループ(名前読みの母音グループ)

1635
講義時間
第2グループ(名前読みの母音グループ)

・eのついた母音 ・礼儀正しい母音

第4回第3グループ(2文字で新しい音グループ)

2055
講義時間
第3グループ(2文字で新しい音グループ)

・2文字子音 ・2文字母音

第5回第4グループ(混ざり合った音グループ)

1900
講義時間
第4グループ(混ざり合った音グループ)

・連続子音 ・rのついた母音

講義時間合計
1時間30分34秒
<講師プロフィール>
伊藤 明美伊藤 明美 / mpi松香フォニックス mpi講師トレーナー

1990年に児童英語教室を開設。その後、mpi松香フォニックスと出会い、教室での指導にフォニックスを取り入れる。2003年よりmpi英語指導者養成セミナー講師に就任。以来、小学校での英語指導および学校研修等の活動も続けている。


1978年 立教大学文学部英米文学科卒

1990年 児童英語教室開設

2004年 mpi松香フォニックス セミナー講師

2011年 mpi松香フォニックス 教育アドバイザー、東日本エリアパトナー統括


講師からのメッセージ

 今から20数年前、英語指導者としての仕事に悩みを持ち始めていた時、書店で偶然手に取った教材をパラパラとめくっていると、中から落ちてきたのがmpiのフォニックスセミナーの案内でした。「ん?フォニックスって?」と興味を持ち、早速そのセミナーに申し込みました。振り返るとそれが、私と、日本に初めてフォニックス指導を導入したmpi松香フォニックスとの出会いです。
 フォニックス指導は英語指導のごく一部にすぎませんが、子どもたちが自信を持って、どんどん英語らしく発話するようになっていくのを見ていて、英語の持つ基本の音が分かることの大切さを、日々再認識しています。英語を使う機会がある大人の方でも、フォニックスを知ることで、今まで苦手だった英語の発音を克服していくことができます。
 このe-learning講座でフォニックスという手法を使って、みなさんの英語の発音のブラッシュアップを、お手伝いさせていただきます。Let’s get started!


mpi松香フォニックスからのメッセージ

 mpi松香フォニックスはこうして始まりました。
 1975年~78年、株式会社mpi松香フォニックスの創設者・松香洋子は、アメリカへ2人の子どもを連れて留学しました。3年間わが子の英語習得力に驚嘆して毎日を送り、ある小学校で、つづりと音の規則性を学ぶフォニックス学習法に出会いました。「子どもは語学学習の天才だ。この先天的な語学習得力を生かしたい」「丸暗記やフリガナに頼らずに、自分の力で英語が読めるようになるフォニックスを広めたい」アメリカから帰国した松香洋子は、そのような強い願いのもと、mpi松香フォニックスを設立しました。
 1979年の創立以来、日本のこどもたちが世界の同世代と英語を使って会話、コミュニケーションができることを目標に、「英語のできる15歳」をキャッチフレーズとし、様々な活動を行ってまいりました。 日本の英語教育を取り巻く環境は、2020年のオリンピックの年に向け、大学受験の変革や、中学・高校での“英語で英語を教える”授業、小学校英語教科化など、少しずつ変化してきています。 そのような中、自分で考え自分で発信し、自分で生き抜く力をつける「21世紀型」の子ども像が、ますます求められる時代となりました。
 mpi松香フォニックスは、これからも「おしえる」「つくる」「つたえる」の3点から日本の英語教育に貢献してまいります。この度は、日本の子どもだけでなく、大人の方の英語発音上達のために、フォニックスを学んでいただける機会を、N-Academyのe-learning講座でご提供する機会をいただき、一人でも多くの方に受講していただき、英語が通じる喜びを経験していただきたいと考えます。

受講者の声をご紹介


「mpiフォニックス英語発音講座」を実際に受講された方の生の声をご紹介しています。

受講者

発音を自己矯正できる

フォニックスを学ぶと苦手な発音を自分で自己矯正ができるのですね。
受講者

通じる英語のために大切なこと

アルファベットの読み方も、通じる英語の発音にするために大切なことがわかりました。
受講者

英語らしい発音のコツがわかった

フォニックスを知ることで、カタカナ英語の発音を、英語らしい発音にするコツがわかりました。
受講者

英語に自信が持てた

学校ではカタカナを振って読み方を習い、日本語訳を覚える。英語の綴りは必死に書きまくって覚えていました。もっと前からフォニックスのルールを知っていたら、綴りも理解できるし、発音にも自信が持てていたのかも…と思いました。これから講座を繰り返し聞いてフォニックスで読む練習を続けます! 何だか少しでも自信をもって英語を話せるようになる気がしました。

こちらでは「mpiフォニックス英語発音講座」に関するご質問と回答をまとめています。N-Academy全体に関するQ&Aはこちらをご参照ください。

フォニックスルールを学ぶだけで、発音が上達するのですか?

英語の上級者の方も日々発音練習を怠らず自分の英語をベスト・コンディションに保つ努力は必要です。プロのスポーツ選手が毎日、柔軟体操を欠かさないようにするのと同じです。本講座で出てくる単語を繰り返し発音することで、英語の母音と子音の練習ができ、さらなる上達が期待できます。

発音記号から発音を学ぶことと、フォニックスルールから発音を学ぶことの違いは何ですか?

日本人は耳からでなく、何でも目から覚える傾向があります。そのためか、日本では発音記号が重要視されてきました。「発音そのものはできないけれど、発音記号は書ける」という人もいました。フォニックスを通して英語の音声と文字のつながりの基本を身につけ、英語の主な母音や子音を、繰り返し練習してください。発音記号が分かることと、発音記号を正しく発音するということが同じでない場合もあるため、この順番を守ることが大切です。

おすすめのテキストはありますか?

本講座は、「フォニックスってなんですか?」(株式会社mpi松香フォニックス)に沿って進みます。テキストをご希望の方は、こちらをお勧めいたします。
「フォニックスってなんですか?」購入ページ

mpiフォニックス英語発音講座

受講料:総額 10,000円(税抜)
受講期間:3ヶ月

  • ずっと見られる

  • ビデオ講義

  • 資格取得対応

  • テスト

  • 質問

  • ・講義動画(1時間30分34秒)
  • ・質問(あり)

おかげさまで10周年
Pertner