介護保険請求事務講座介護保険請求事務講座
ビデオ講義
資格取得対応
テスト
テキスト付
質問
  • 講師:ヒューマンアカデミー介護事務講座 担当講師 高橋
  • 受講料:総額25,926円(税抜)*モニター価格
  • 受講期間:8ヶ月

医療機関や介護業界で重要なスキルを基礎からマスター

特徴1

これからの高齢化社会にとって必要不可欠なのが介護保険請求事務をこなせる人材。 医療機関及び介護施設の保険収入を管理するこの仕事は、経営に直結する重要なスキルのため、医療機関、介護関係の施設への就職に有利なうえ、すでに現場に勤めている方のステップアップにも最適です。
また、保険制度が理解できるので、実生活にも活用できます。


特に介護保険請求事務の学習は単純に介護給付明細書(レセプト)の作成手順を知るだけではなく、パソコン学習が必須です。 というのも介護報酬の請求は原則、データ形式での提出が義務付けられています。
つまり全国事業所での介護事務コンピュータ導入率は100%なのです。


「介保険請求事務講座」は、現場で使用される「介護支援コンピュータを体験できるCD-ROM」 を使って、即戦力となる専門家を育てるための実践的プログラムになっています。

※対応OS:Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10



講座の特徴

1.修了と同時に「介護事務士」が取得できます

特徴1 添削課題(全5回)を一定レベルでクリアすることで、全国医療福祉教育協会認定の「介護事務士」が取得できます。
がんばる方は100%資格をゲットできます。

2.介護事務コンピュータ「快悟朗II」が学べる!

全国の事業所での介護事務のコンピュータ導入率は100%。介護報酬の請求は、原則データ形式での提出が義務付けられています。データ提出を行うためには、介護事務コンピュータをマスターする必要があります。
「快悟朗II」は全国の事業所で実際に使用されている介護事務コンピュータをもとに教育用に開発されたソフトです。

対象者/習得目標

対象者:未経験者OK/介護事務実務士の資格取得を目指す方

資格概要

◆介護事務士
主催団体 特定非営利活動法人 職業技能専門教育研究機構 認定 全国医療福祉教育協会
問合せ先:全国医療福祉教育協会
受験資格 通信教育講座に付属する通信添削の課題(実力診断テスト全4回+修了認定試験1回)を一定の成績で修了することで「介護事務士」の称号が授与されます。
介護事務士修了資格認定証の発行をご希望の方は規定の提出課題を全て修了(合格)の後、別途お送りする申請書に必要事項をご記入の上、 協会までFAXまたは郵送にて申請してくださいますようお願いいたします。
申込料 3,000円


受講の流れ

1.インターネット動画と基本テキストで介護保険のしくみを理解

『介護報酬基本テキスト』『介護報酬サービスコード表』を使用して、介護保険制度等の基礎知識を理解します。
『介護報酬サービスコード表』は、基本テキストと合わせて算定に活用します。
流れ1

2.給付管理業務と介護報酬請求の流れを理解

『介護保険演習問題集』『介護保険解答解説集』の問題演習を通し知識の定着と記載方法を理解します。
流れ2

3.介護事務コンピュータをマスター

介護保険請求事務ソフトを使用しながら演習問題を行い、操作方法と実践スキルを身につけます。
まとめとして、実力診断テストと修了認定試験にチャレンジし、理解度チェックを行いましょう。
流れ3

4.介護事務士の資格取得!

合格すれば「介護事務士」の称号が授与されます。履歴書でしっかりアピールできますので、就・転職への準備も万全です!

未経験者でもわかる内容で、医療機関や介護業界で重要なスキルを基礎から習得していきます。
添削課題(全5回)を一定レベルでクリアすることで、医療福祉情報実務能力協会認定の「介護事務実務士®」が取得できます。

第1章

0804
講義時間
介護保険制度の成り立ち

第2章

0845
講義時間
介護保険制度のしくみ

第3章

0447
講義時間
要介護認定の手続き

第4章

0846
講義時間
介護サービスの種類

第5章

0501
講義時間
介護予防サービスの種類

第6章

0521
講義時間
地域密着型サービスの種類

第7章

1132
講義時間
介護事務スタッフのお仕事


1.介護保険制度について以下のことを学習します


・介護保険制度成立の背景

・介護保険制度の基本構成

・給付管理業務

2.介護報酬について以下のことを学習します


・介護報酬の原則

・介護報酬算定のポイント

・介護給付費明細書の作成方法

3.介護報酬請求事務ソフトを使用した学習をします


・操作方法の取得

・介護保険演習問題集

4.実力診断テスト(第1回~第4回)


学科問題と実技問題を行います

5.修了認定試験


上記4実力診断テストを提出後に行います



充実した教材

教材 1.介護事務入門インターネット動画講義
2.介護報酬基本テキスト
3.介護報酬サービスコード
4.介護保険演習問題集
5.介護保険演習問題集(解答解説集)
6.介護報酬請求事務ソフトCD-ROM
【動作環境】
・対応: Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10
・CPU/メモリ:上記OSのシステム要件を満たすもの
・ハードディスク:空き容量200MB以上
・CD-ROMドライブ:インストール時に必要
・モニター解像度:1024×768ピクセル
・DPI設定:WindowsVista・・・既定のスケール/Windows7・8・8.1・・・100%
7.実力診断テスト(学習サポートブック付)
8.返信用封筒(実力診断テスト送付用)

受講者の声をご紹介

「介護保険請求事務講座」を実際に受講された方の生の声とレビューをご紹介しています。

NEW! 細かい部分も理解できて良かったです

受講者 社会保険労務士、ケアマネジャーをしています。介護事務講座の講師依頼を受けましたが、介護請求に関しては、少し不明なところ(特にレセプトの書き方)がありましたので受講しました。講座内容は、とても良くまとめられており、レセプトも書き方、細かい部分も理解できて良かったです。
ただ、介護保険初心者にとっては少し難しい感じもしました。

こちらでは「介護保険請求事務講座」に関するご質問と回答をまとめています。
N-Academy全体に関するQ&Aはこちらをご参照ください。

Q1:暗記は必要ですか?

暗記は必要ありません。現場ではコンピュータでの請求が原則です。テキストを参考にしながら介護保険制度のしくみ、介護給付明細書の作成ルールをマスターし、添削課題をクリアしていただければ、暗記の必要はございません。

Q2:資格が取れないことはありますか?

『たのまな』の介護事務講座は添削課題(全5回)が合格基準に達していれば、「介護事務士」の資格が取得できます。万が一、不合格の場合は、何度でも再提出できますので、頑張る方は100%資格を取得できます。

Q3:パソコンが苦手なのですが大丈夫でしょうか。

パソコンの基本操作ができれば心配ありません。受講画面の操作はN-Academyマニュアル、CD-ROMを使った操作については操作テキストがございますので、安心して学習を開始してください。 受講画面や動画閲覧に関して、詳しくはN-AcademyのFAQをご覧ください。

N-AcademyのFAQはこちら

[モニター価格]
介護保険請求事務講座

受講料:総額 25,926円(税抜) 受講期間:8ヶ月

ビデオ講義
資格取得対応
テスト
テキスト付
質問
  • ・講義動画(52分16秒)
  • ・教材(テキスト/問題集2冊/他全8点:配送)
  • ・質問(あり)

おかげさまで9周年
Pertner