医療事務講座(パソコン表示)医療事務講座(スマホ・タブレット表示)
資格取得対応
テスト
テキスト付
質問
  • 講師:医療保険学院 専任講師 井上晴江
  • 受講料:総額34,815円(税抜)*モニター価格
  • 受講期間:12ヶ月

大人気の医療保険士の資格が、在宅で受けられます!


特徴1

※本講座はテキストや添削問題で学習します


初心者でも安心して学習開始できるよう「合格・就職サポートナビ」(インターネット動画)をご用意しています。 こちらをご覧いただくことで、医療事務を始めて学習される方でもその後のテキスト学習がスムーズに進められます。


基本となる資格は医療保険学院認定の「医療保険士」。 医療事務の基本知識である診療報酬請求業務のプロに与えられる称号です。
さらには、スキルアップで全国医療福祉教育協会認定の試験にも挑戦できます。


「チーム医療」と言われているように、今医療の現場では、医師・看護師と共通言語の持てる医療事務スタッフを求めています。 医療従事者同士の会話の中では多くの略語や専門用語が使用されています。
そのため、本講座ではからだのしくみ大全や医療関連法規抜粋など実務に活かせる副教材も充実させています。



特徴

特徴

履歴書にも書ける!
就職に有利な資格を取得することが出来ます

「医療事務」関連の資格はたくさんありますが、国家資格はなくすべて民間の資格となります。 本講座では、権威ある「医療保険士」のみならず全国医療福祉教育協会認定「医科2級医療事務実務能力認定試験」や「2級医療秘書実務能力認定試験」を目指せます。

対象者/習得目標

対象者:未経験者OK/医療事務の仕事に就きたい方

医療事務スタッフのお仕事内容

カルテ管理業務

作成されたカルテの管理をし、それらを診察室や医事課、医局などさまざまな部署へ届けるお仕事です。 最近では、診療記録のチェックやカルテの情報のデータ化も行います。

医局秘書業務

一般的に医療秘書と呼ばれる病院内の事務スタッフのうち、医師らが待機する医局内で秘書としてサポートする人を「医局秘書」と言います。 スケジュール管理、学会準備、資料や書類の作成・整理、電話応対、看護師や他の医師との連絡係など多様な業務をこなします。 秘書としての能力だけでなく、担当診療科の専門知識も必要です。 また、院長秘書や看護部長秘書など個人の秘書として活躍することもあります。

総合レセプト(診療報酬明細書作成)業務

病院経営の心臓部となる大切なお仕事です。 患者さんに行われた診療、投薬、処置などを漏れのない保険請求ができるように、レセプト(診療報酬明細書)を作成・発行します。 現在ではほとんどが医療事務コンピュータでレセプトを発行・チェックします。

総合受付業務

医療機関を訪れた患者さんが最初に立ちよるのが総合受付です。保険証の受取りや確認、各診療科への案内を行います。 病院の顔でもあるため、患者さんに対する心遣いや応対のマナーにも気を配る必要があります。

会計事務

診察や治療を終えた患者さんの診療費を精算します。 また、公的な医療制度や保険制度などについての患者さんからの質問に対して、メディカルソーシャルワーカー的な立場からの回答することもあります。 会計事務能力はもちろんのこと、これらの質問にも答えられるように病院会計知識、医療保険制度、診療報酬制度などの知識も必要です。

診療科受付業務

各診療科の窓口で、総合案内から届くカルテの受け取り、診療後の検査の準備、処置伝票の作成や発行をします。 また、診察順序の管理や患者さんの呼び出しなど、診察がスムーズに行われるように配慮することが求められます。

病棟クラーク業務

入退院の手続きや入院患者さんの診療内容の記録、病棟内の管理、看護記録の整理などを行います。 「病棟クラーク」と呼ばれ、ナースステーション内で働きます。 事務能力の他に、患者さんやそのご家族、医師、看護師などとのコミュニーケーション能力が求められます。


資格概要

◆医療保険士
資格区分 民間資格
資格概要
メリット傾向
医療保険事務は診療報酬の点数を算定し、レセプト(診療報酬明細書)を作成して保険者に請求する仕事です。 調剤報酬事務が薬局内での調剤に限られているのに対し、医療保険事務は医療機関内のすべての診療行為が対象になります。 本コース受講後、医療保険士資格試験合格で取得できます。
受験資格 本講座の修了生に限り ※受講開始から1年以内の方
試験日程 毎月1回
受験料 6000円
受験会場 在宅試験
試験形式 本コース修了後、毎月1回開催される修了検定試験を受けていただきます。 試験は、毎月定められた日に学院検定委員会より通信教育受講生の自宅に郵送されますので定められた日までに解答を記入して学院教務課に返送するだけです。 合格されますと学院から認定証書が贈られます。
試験内容 <基礎編>
 医療保険制度/基本診療/投薬/注射/処置/各種療法/手術/検査/画像診断/入院
中間テストNo.1・2
<実習編>
 カルテをもとに診療報酬証明書(レセプト)の作成
中間テストNo.3
合格ライン 非公開
万一不合格になった方は、毎月試験を行っていますから次月に合格するよう頑張って下さい。 再試験は受講開始後、1年以内であれば何度でも受験することができます。(再試験の費用はご負担願います)
申込み・問合せ先 医療保険学院
〒113-0034 東京都文京区湯島3-37-4 CIC湯島ビル9F
TEL:03-3832-6214
担当:石井

◆2級医療秘書実務能力認定試験
資格区分 民間資格
資格概要
メリット傾向
2級医療秘書実務能力認定試験は、医療事務スタッフとしての医療事務実務能力だけではなく、医学基礎や関連法規に関する知識、 患者接遇や院内コミュニケーション能力を含めた医療秘書実務能力を客観的に判断する試験です。
受験資格 なし
試験日程 例年 6月、11月、3月
受験料 7,500円
受験会場 受験地一覧
札幌・仙台・大宮・千葉・東京・神奈川・新潟・金沢・静岡・名古屋・京都・大阪・三宮・奈良・和歌山・岡山・広島・高松・松山・福岡・北九州・熊本・鹿児島・那覇
試験形式 学科試験(マークシート):30問
実技試験(診療報酬明細書作成):1問
試験内容 学科試験
医療秘書に関する知識 :10問/医療関連法規に関する知識 :10問/医学基礎に関する知識 :10問/実技試験/診療報酬明細書作成:1問
(外来 上書き(頭書き)1設問、穴埋め25設問)
合格ライン おおむね60%から80%で推移
申込み・問合せ先 全国医療福祉教育協会検定事務局
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-8-10 オークラヤビル2F
TEL:03-5925-6548

◆医科2級医療事務実務能力認定試験
資格区分 民間資格
資格概要
メリット傾向
医科2級医療事務実務能力認定試験は、レセプト作成技能を含む診療報酬に関する知識、 医療関連法規に関する知識を客観的に判断する試験です。
受験資格 なし
試験日程 例年 6月、11月、3月
受験料 7,500円
受験会場 受験地一覧
札幌・仙台・大宮・千葉・東京・神奈川・新潟・金沢・静岡・名古屋・京都・大阪・三宮・奈良・和歌山・岡山・広島・高松・松山・福岡・北九州・熊本・鹿児島・那覇
試験形式 学科試験(マークシート):20問
実技試験(診療報酬明細書作成):2問
試験内容 学科試験(マークシート):20問/学科試験(マークシート):20問/医療関連法規に関する知識:10問/診療報酬請求に関する知識:10問/実技試験(診療報酬明細書作成):2問
(外来1問・入院1問)
合格ライン おおむね60%から80%で推移
申込み・問合せ先 全国医療福祉教育協会検定事務局
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-8-10 オークラヤビル2F
TEL:03-5925-6548


受講の流れ

1.ログイン画面

N-Academyトップページ、右上の「ログイン」にID・パスワードを入れて学習サイトに入ります。

2.マイページ

マイページでお知らせやレッスン内容を確認、資料をダウンロードして、学習をスタートしましょう。
流れ1

3.外来レセプト、入院レセプトの算定ルールをマスター

医療保険制度のしくみを理解したのち、初診料、再診料から徐々に外来レセプトの書き方と算定ルール、入院基本料、検査料など入院レセプトの書き方と算定ルールを覚えます。
流れ3

4.「医療保険士」の資格取得にチャレンジ

中間テストの提出が終わったら、在宅で修了検定試験を受験。医療事務の基礎知識である診療報酬請求業務のプロに与えられる称号を手に入れましょう。
流れ4

5.医学関連知識を習得しましょう

人体の構造や各器官の働きを理解。薬価基準抜粋の巻末や医療関連法規にに目を落とし医師や看護師との共通言語を理解。 スムーズに現場に入れるように事前に学習しましょう。中間テスト4~6に挑戦して、医学知識・医療関連法規・接遇マナーの医療秘書分野の知識を身につけましょう。
流れ4

※本講座はテキストや添削問題で学習します

特徴1

初心者でも安心して学習開始できるよう「合格・就職サポートナビ」(インターネット動画)をご用意しています。 こちらをご覧いただくことで、医療事務を始めて学習される方でもその後のテキスト学習がスムーズに進められます。



    

第1章学習サポート編 ~途中で挫折しない効率学習方法~

0414
講義時間
1-1 はじめに・保険請求事務の流れ
1212
講義時間
1-2 効率学習方法① ~学習のすすめ方~
1828
講義時間
1-3 効率学習方法② ~学習のポイント~
0338
講義時間
1-4 効率学習方法③ ~テキストを活用しよう~
0154
講義時間
1-5 効率学習方法④ ~絶対挫折しない!を目指すための5つの約束~

第2章 資格取得編~試験前に出来る合格必勝法~

0951
講義時間
2-1 合格必勝法① ~試験で間違いやすいポイントチェック
こんなケースが!実例集~
1635
講義時間
2-2 合格必勝法② ~合格圏内を狙う工夫 得点アップの方法~

第3章就職サポート編~失敗しない就職活動のメソッド~

0533
講義時間
3-1 就職対策メゾッド① ~仕事選びの基本とは?~
1035
講義時間
3-2 就職対策メゾッド② ~失敗しない就職面接対策のメゾッド~

充実した教材

教材 1.インターネットによる動画配信
2.テキスト4冊
 「基礎編I」「基礎編II」「実習編」「図解からだのしくみ大全」
3.診療報酬点数表
4.レセプト用紙
5.医療関連法規抜粋(中間テスト4~6つき)
6.返信用封筒

主要教材内容 1.「合格・就職サポートナビ」(インターネット動画)
合計1時間23分のサポートナビ(インターネット動画)をご用意しています。

2.「基礎編1」「基礎編2」
「基礎編1」は外来対応、「基礎編2」は入院対応というつくりになっています。初学者の方から徐々に力をつけていくことが出来ます。

3.「実習編」
診療録(カルテ)・処方箋から適切な点数算定を行い、レセプトを作成する為の応用力を養います。外来レセプト⇒入院レセプトと段階を経て、演習問題にチャレンジしてください。

4.図解からだのしくみ大全
人体の構造と各器官の働きがまとめられています。挿絵がいっぱいのテキストなので、読みやすい・分かりやすいのが魅力。

5.診療報酬点数表
2014年4月改定に準拠した点数早見表です。2014年4月改定による変更部分に全てマーキング! 旧点数・新点数のアップダウン比較も収録し,新設項目や算定要件の変更についてはわかりやすいポイント解説も付記され、変更部分が一目でわかる機能性抜群の点数表です。

6.医療関連法規抜粋(中間テスト4~6つき)
関連法規など診療報酬請求事務以外の内容を抜粋したレジュメです。 添削課題となる問題集も付属しておりますので、中間テスト4~6にチャレンジし、採点結果とともに送られてくる解答解説を見ながら知識をインプットしていきましょう。 テキストに掲載されていない重要な事柄を補う1冊でもあります。

こちらでは「医療事務講座」に関するご質問と回答をまとめています。
N-Academy全体に関するQ&Aはこちらをご参照ください。

Q1:仕事との両立は出来ますか?

はい、もちろんです。お仕事と両立されている方のほうが多くいらっしゃいますので、ご安心ください。 学習時間は医療事務編は週4回、1回1時間程度の学習で、医療事務コンピュータ編は1日30分程度で大丈夫です。 どうしてもできない時は、次の日の1時間しっかり勉強するなど、あなたのペースに合わせて無理なく学習を進めてください。

Q2:毎日、学習しなければ、いけないのですか?

1週間に4回1時間~2時間程度を目安に自分のペースに合わせて学習をしましょう。
しかし、家事や仕事の都合でどうしてもできない時は無理をしないでください。サポート期間は最長12ヶ月です。

Q3:医療事務の資格の違いを教えてください。

「医療事務」関連の資格はたくさんありますが、国家資格はなくすべて民間の資格となります。 当講座では、権威ある「医療保険士」のみならず全国医療福祉教育協会主催「医科2級医療事務実務能力認定試験」や「2級医療秘書実務能力認定試験」を採用してます。

Q4:eラーニングでとった資格は履歴書に書けますか?

もちろん、資格欄に明記できます。
合計3つ以上の資格を目指すことが出来ますから、就職や転職の際に大いに活用できるでしょう。

Q5:診療報酬の点数が改定されたと聞きました。すでに対応はしているのでしょうか?

はい、こちらの講座は新点数に対応した最新教材で安心して学んでいただくことができます。

[モニター価格] 医療事務講座

受講料:総額 34,815 円(税抜)受講期間:12ヵ月

資格取得対応
テスト
テキスト付
質問
  • ・講義動画(1時間23分)
  • ・教材(テキスト4冊 他:配送)
  • ・質問(あり)

おかげさまで9周年
Pertner