[ モニター価格 ] ケアマネジャー合格講座(パソコン表示)講座名(スマホ・タブレット表示)
ビデオ講義
資格取得対応
テスト
テキスト付
質問
  • 講師:満山 隆志
  • 受講料:総額27,500円(税抜)*モニター価格
  • 受講期間:12ヶ月

効率よく最重要項目を学習するプログラムで合格を目指す!

介護支援専門員(ケアマネジャー)は、介護保険法を理解して要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成、取りまとめる介護のスペシャリストです。 一般的にケアマネジャーと呼ばれます。准看護師資格と同様、都道府県知事から資格が与えられるステータスのある公的資格です。


介護支援専門員(ケアマネジャー)を受験される方々は日頃の業務に追われて、なかなか学習時間が確保できない方々が多いのが実情です。 ヒューマンアカデミーでは、医療、介護業界の有識者と連携し、時間のない皆様のために、試験に出題される可能性が高いポイントを33個に分類し、集中講義することにより効率学習を図るプログラムを開発しました。 もちろん教材は、平成27年4月改正に対応しています。


「介護支援専門員(通称ケアマネジャー)実務研修受講試験」は合格率が15%程度の難関資格です。 よって、学習には短時間で瞬時に正しい選択肢を見分けるトレーニングが必要となります。講義動画では合格指導のプロが出題ポイントの記憶法を徹底的に解説しています。


居宅介護支援事業所・介護予防支援事業所・各介護老人福祉施設等に所属し、利用者の介護全般に関する相談援助や関係機関との連絡調整を行います。 援助の流れは、利用希望者、家族はどのような介護サービスの希望をするか面接し、どのような介護サービスが必要かを査定、介護保険が利用できるようにサービス計画、個別支援計画を作成(プランニング)するものです。 なお、仕事はサービスの利用開始後も提供されている介護サービスが適切か否かを定期的に評価しながら状況に合わせて再び修正をおこなう継続性の高いものです。


高齢化社会を迎える日本にとって、有望な資格です。


講座の特徴

1.合格率67%をはじき出した講師の講義をインターネット動画化

これまでのべ5,000名以上を指導し、67%という驚異的な合格率を残す講師陣が魅力です。(2011年第14回試験/36名受験24名合格) 試験を隅々まで試験を隅々まで知り尽くしているからこそ、重要なポイントを、最も覚えやすい順序で、誰にでもわかりやすく解説することが可能です。 通信講座受講生の効率的な学習を考え抜いて作られたスタジオ収録のオリジナルのインターネット動画なので、講師からマンツーマン授業を受けている感覚で学習できます。

2.膨大な試験範囲を33のポイントに凝縮した「合格の法則」

ケアマネージャー試験には大きく3つ分野に分けられますが、毎年出題される論点は同じです。 毎年出題されている論点はパターン化できますので、最小限の規定等を覚えれば対処できるようになります。 その厳選したスペシャルポイントを図や表にしたものが「合格の法則」です。得点力の核となる33項目を集中学習することで、非常に短時間で合格レベルに近づくことが可能になります。

3.本試験形式の模擬試験5回分がついてくる!

過去の出題傾向から頻出問題が盛り込まれた、本番さながらの模擬試験です。 テキストには解答解説付3回 添削課題として2回 計5回 300問が付いています。 何度も繰り返し挑戦し合格力をつけていただける仕組みになっています。

対象者/習得目標

対象者:未経験者OK/介護支援専門員を目指す方

資格概要

◆介護事務士
※各自、都道府県の主催団体にご確認の上、受験申込手続きをお願いします。
資格名 介護支援専門員(通称ケアマネジャー)
資格区分 公的資格
資格概要
メリット傾向
介護保険専門員(ケアマネジャー)は、介護保険法において要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成、取りまとめる介護のスペシャリストです。 一般的にケアマネジャーと呼ばれます。
准看護士資格と同様、都道府県知事から資格が与えられるステータスのある公的資格です。
受験資格 ケアマネジャー試験を受験するのに必要な受験資格は大きく2つあります。

1.規定の国家資格等を持っており、かつ、通算5年以上の実務経験があること
「特定の国家資格者」とは… 医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、準看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、(管理栄養士を含む)、いろいろな資格が該当します。
2.国家資格はないが相談援助業務や介護業務に就いており、一定期間(通算5年または10年以上) の実務経験があること(平成29年まで)
試験日程 年1回。(通例10月)
受験料 6,000円から9,000円
※受験料は都道府県によって異なりますので各自ご確認ください。
受験会場 各都道府県により会場設定
 数カ所で実施
試験形式 おおむね五肢択一の形式で出題
試験内容 本試験では、以下の分野から60問題が出題されます。
■介護支援分野(1~25問)
介護保険制度の基礎知識
要介護認定等の基礎知識
居宅・施設サービス計画の基礎知識等
■保健医療福祉サービス分野(26問~40問)
保健医療サービスの知識等
基礎・総合
■総合(41問~45問)
■福祉サービスの知識等(46問~60問)
合格ライン 受検した分野の合計点の6~7割程度
申込み・問合せ先 申込み日現在、受験資格に該当する業務・職種に従事している場合は、その勤務地のある都道府県。
従事していない場合は、居住している都道府県で受験することになります。


受講の流れ

1.インターネット動画とテキスト「合格の法則」で繰り返し学習

インターネット動画を見ていただき、試験概要とポイントをざっくり掴みます。
さらにテキストを照らし合わせながら、くり返しインターネット動画を視聴して頻出項目のポイントを覚えていきましょう。
流れ1

2.模擬試験問題を解いて理解を深める

今までの内容が理解できているかを確かめるために繰り返し模擬試験問題をを解き、知識の定着をはかっていきます。90%正答できるまでテキストや合格の法則、インターネット動画で調べて学んでいきます。
流れ2

3.模擬試験(第1回・第2回)に挑戦

添削課題として模擬試験が2回あります。学習した知識を確認するために挑戦してみましょう。自分自身の弱点などを把握し、弱点を克服するために「合格の法則」テキストを使用し学習をさらに深めるとよいでしょう。
流れ3

受講の流れ

1.インターネット動画とテキスト「合格の法則」で繰り返し学習

流れ1

インターネット動画を見ていただき、試験概要とポイントをざっくり掴みます。
さらにテキストを照らし合わせながら、くり返しインターネット動画を視聴して頻出項目のポイントを覚えていきましょう。


2.模擬試験問題を解いて理解を深める

流れ2

今までの内容が理解できているかを確かめるために繰り返し模擬試験問題をを解き、知識の定着をはかっていきます。90%正答できるまでテキストや合格の法則、インターネット動画で調べて学んでいきます。


3.模擬試験(第1回・第2回)に挑戦

流れ3

添削課題として模擬試験が2回あります。学習した知識を確認するために挑戦してみましょう。自分自身の弱点などを把握し、弱点を克服するために「合格の法則」テキストを使用し学習をさらに深めるとよいでしょう。



    

教程1

13944
講義時間
介護支援分野対策1

計5単元

教程2

13446
講義時間
介護支援分野対策2

計5単元

教程3

15942
講義時間
介護支援分野対策3

計11単元

教程4

11329
講義時間
保険医療サービスの知識等
(基礎、総合)対策

計6単元

教程5

10514
講義時間
福祉サービスの知識等対策

計6単元



充実した教材

教材 1.インターネットによる動画配信
2.合格の法則 1冊
3.ケアマネ「ピタリ予想」テキスト+模擬試験 1冊
4.模擬試験 2回
5.課題返信用封筒

こちらでは「ケアマネジャー合格講座」に関するご質問と回答をまとめています。
N-Academy全体に関するQ&Aはこちらをご参照ください。

Q1:就職先について教えてください。

ケアマネジャーが活躍する場は多岐に渡るといわれています。
近年、介護に関する需要の増加により、介護関連施設以外の自治体の施設、あるいは民間企業での仕事が目立つようになっています。
介護支援専門員の仕事は、やはり介護関連施設が最大の職場となっています。
特に居宅介護支援事業所が全体の70~80%を占めています。

Q2:資格がなくても仕事はできますか?

介護保険法において要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、調整するのはケアマネジャーの仕事とされており、無資格でこれらの仕事はすることができません。

Q3:試験の内容を教えてください

本試験では、以下の分野から60問題が出題されます。

■介護支援分野(1~25問)
介護保険制度の基礎知識
要介護認定等の基礎知識
居宅・施設サービス計画の基礎知識等

■保健医療福祉サービス分野(26問~40問)
保健医療サービスの知識等
基礎・総合

■総合(41問~45問)

■福祉サービスの知識等(46問~60問)

Q4:この資格は更新が必要ですか?

平成19年度より、介護支援専門員としての登録については、5年毎に所定の研修を受けることで登録を更新する更新制度が導入されることになりました。

Q5:受験資格が必要だと聞きましたが、該当していますか?

ケアマネジャー試験を受験するのに必要な受験資格は大きく2つあります。

1.規定の国家資格等を持っており、かつ、通算5年以上の実務経験があること

「特定の国家資格者」とは…
医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、準看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、(管理栄養士を含む)、いろいろな資格が該当します。

2.国家資格はないが相談援助業務や介護業務に就いており、一定期間(通算5年または10年以上)の実務経験があること(平成29年まで)

※詳細については、必ず、各都道府県の受験要項をご確認ください。

[ モニター価格 ]
ケアマネジャー合格講座

受講料:総額 27,500円(税抜) 受講期間:12ヶ月

ビデオ講義
資格取得対応
テスト
テキスト付
質問
  • ・講義動画(10時間52分55秒)
  • ・教材(テキスト/問題集/模擬試験等:配送)
  • ・質問(あり)

おかげさまで9周年
Pertner