空白 講座数 207 会員数

講座の特長

≪モニター価格キャンペーン実施中!≫
簿記検定2・3級講座
  • ビデオ講座
  • 質問
  • テキスト付
  • テスト

受講料:総額57,778円(税抜)*モニター価格
受講期間:12ヶ月
受講お申し込み

試験の頻出ポイントをバランスよく学習

簿記の知識が必要なのは、経理を目指す人だけじゃない!

企業規模の大小や業種、業態を問わず、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財務状態を数値化して明らかにするのが簿記の仕事です。

簿記を理解することで、経理事務に必要な会計知識のほか、財務諸表を読む力、基礎的な経営管理能力や分析力が身につき、ビジネスの基本であるコスト感覚が身につくので、決算書を制作する経理部門や会計部門だけでなく、コスト管理を行う製造部門、取引の経営状態を知っておきたい営業部門、ひいては企業経営にも役立てることができます。

3級は財務担当者に必須の基本簿記です。 経理・財務事務に関わる書類の読み取りができ、取引先企業の経営状態を数字から理解できるようになります。
2級は商業高校卒業程度の商業簿記・工業簿記を修得して、財務諸表を読みとって企業の経営状態を把握できるレベルを目指します。一般企業で経理部門への就職を目指す方は2級まで取得しておくことが望まれます。
講座では図解やイラストを多用し、身近な例を使って楽しくわかりやすい講義を行うなど、初めて簿記を学ぶ方でも理解がしやすい工夫がされています。

3つの特長

1.財務担当者必須の基本簿記
3級は経理関係書類を読みとる力があり、取引先企業の経営状況を数字から理解できるレベルとされ、営業・管理部門に必須の知識として評価する企業が増えています。2級は商業高校卒業程度の商業簿記・工業簿記を修得して、財務諸表を読みとって企業の経営状態を把握できるレベルを目指します。一般企業で経理部門への就職を目指す方は2級まで取得しておくことが望まれます。
2.簿記の知識を身につけることで得られる効果
* 正しく帳簿がつけられる
* 自社の長所や短所を分析できる
* 費用や収益率を意識するようになる
* 取引先企業の経営状況を把握できる

3.簿記の仕事と活用例
* 企業の経理・会計担当者
* 利益率を重視する営業担当者
* コスト管理を求められる管理者
* 取引先企業の経営状況を把握する
* 税務申告を自分で行う
* 有価証券報告書などを分析して資産運用を図る

対象者

未経験者OK/独学経験者

資格概要

◆簿記検定3・2級
資格区分 公的資格
資格概要
メリット
傾向
簿記検定とは、帳簿の付け方、そして帳簿に書かれている数字の意味を把握するだけでなく、経営管理や経営分析の基礎能力があることを認定する資格です。
受験資格 特に制限はありません。 ※試験当日は、原則として氏名、生年月日、顔写真のいずれも確認できる身分証明書を持参してください。身分証明書をお持ちでない方は、受験地の商工会議所(試験会場)にご相談ください。
試験日程 毎年2月・6月・11月の年3回
受験料 [3級]2,500円 [2級]4,500円
受験会場 各地の商工会議所まで、お問合せください。
試験形式 筆記試験形式で、簿記用語(勘定科目等)や計算した数値を実際に記入していきます。電卓などの計算機具は使用可能です。
試験内容 1)商業簿記 2)工業簿記
合格ライン 各級とも100点満点の70%以上得点すれば合格です。
申込み
問合せ先
日本商工会議所 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-4-15 http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/ TEL:03-5777-8600(商工会議所検定情報ダイヤル)

受講の流れ

STEP1 : テキスト
インターネット動画を視聴しながらテキストを読み進めていきます。まずはこのテキストを完璧に理解することを目標に、他には手をつけないようにしましょう。特に簿記は「仕訳」の理解が今後の学習を左右するといっても過言ではありません。仕訳を1回読んで理解できる人はいません。テキストに書いてある例題は、わからないところを残さないよう、繰り返し復習してください。
STEP2 : 問題集
インターネット動画とテキストで学習したところを問題集で演習します。演習するにつれ、簿記が計算ではなく文章の読解力を問う試験ということが理解できるでしょう。その仕組みがわかれば、出題者の意図が読めてきます。

STEP3 : 直前答練
すべてのインターネット動画とテキストの理解が終わりましたら答案練習に入ります。第1回~第4回まであり、本試験の形式になっていますので、1回につき2時間を目安に本番のつもりで演習します。回答できましたら、解説を見ながら誤ったところを復習します。合格するには70%の得点が必要です。

STEP4 : テキスト・問題集(商業簿記)
商品を仕入れて販売する会社の財務状態を管理するための記帳方式で、どの会社にも共通する決算に関する会計処理について学びます。インターネットによる動画を視聴しながらテキストを読み進めていきます。まずは、テキストのみを完璧に理解することを目標に、他には手をつけないようにしましょう。特に2級の学習は、3級で学習した内容の理解が基礎となっており、3級の内容を発展させた内容を中心に学習します。3級と違い1回、1回を確実に理解していなくても先に進むことはできますが、本試験になると理解していなければ得点することができません。テキストの学習が終わりましたら、問題集でその日の内容を演習するようにしてください。

STEP5 : テキスト・問題集(工業簿記)
材料を仕入れ、製造し、製品を販売する会社の財務状態を管理するための記帳方式で、その製品を作るために必要な経費を材料費や賃金、製造のコストから算出する原価計算の理論を学びます。ふだん馴染みのない領域なので、商業簿記と違いとっつきにくいところがあるかもしれません。

STEP6 : 直前答練
すべての動画講義とテキストの理解が終わりましたら、答案練習に入ります。第1回~第4回まであり、本試験の形式になっていますので、1回につき2時間を目安に本番のつもりで演習します。回答できましたら、解説を見ながら誤ったところを復習します。合格するには70%の得点が必要です。

受講お申し込み

[ モニター価格 ] 簿記検定2・3級講座

受講料:総額57,778円(税抜)
受講期間:12ヵ月
受講お申し込み
  • ・講義動画(69時間14分32秒・見放題・PC/スマホ/タブレットで閲覧可)
  • ・テキスト/添削課題等(配送)
  • ・質問(期間中上限なし)
講座一覧

無料講座


受講者の声
女子会で出会ったタロットが自分の仕事になりました。
タロット占い
続きを見る
1ヵ月の親子レッスンで効果を実感。自己ベストを更新!
かけっこ
続きを見る
ばれやすい方法や重要な場面など、なるほど!な指摘ばかり
マジック
続きを見る
パティシエには男性もいる。男がスイーツを作るのは自然なこと。
スイーツ
続きを見る
学割

奨学割