N-Academy Interview

初級バーベキューインストラクター
ネット検定講座

資格取得者インタビュー

『 初級バーベキューインストラクターネット検定講座』資格取得者インタビュー
画像説明必ず入力

「めんどうだったBBQ」が、「楽しくて素敵なアソビ」に変わりました!
女性も積極的に参加して欲しいです


米井 倫子さん
(管理栄養士/千葉県在住/30代/女性)
資格:上級バーベキューインストラクター


米井さんは「初級バーベキューインストラクター」「上級バーベキューインストラクター」の資格を日本バーベキュー協会主催の実地検定で取得され、現在はバーベキューインストラクターの実地検定のサポーターとしてもご活躍されています。そのご活躍の様子をご紹介します。



—テレビやFacebookで拝見すると、バーベキュー時のファッションも楽しんでいらっしゃるように見えました。 ファッションもあわせてBBQを楽しむのはとても素敵だなぁと思ったのですが、何かこだわりや気をつけていらっしゃることはありますか?

BBQは非日常の楽しみなので、普段と違う自分を演出する楽しみもプラスしようと思っているんです。 また【スマートBBQ】はエンターテイメントとして魅せる要素もあるので、BBQはステージ!と思って発表会のノリでBBQファッションを選んでいます。 BBQにふさわしい服装の第一は安全なので、長そで長ズボン、と地味になりがちですが、自分がワクワクすることを第二のエレメントとして、その日のファッションを選んでいます。
       

画像説明必ず入力

—どのようなきっかけでバーベキュー検定を知り、受講されたのですか?

最初は「燻製」が好きで、大型燻製を教えてくれた師匠が実はバーベキューインストラクターでした。
「燻製が出来上がるまでの間に、私が【スマートBBQ】をやりましょう!」といってくれたのが初めての【スマートBBQ】体験だったんです。

準備からサーブまで師匠一人でこなしていて、ゲストが全員で感激して。そこで【スマートBBQ】のかっこよさと美味しさに惹きこまれてしまいました。 都内検定は開催回数が少なく、かなり先の日程になりそうだったので、プチ近場の福島の初級検定を選んでチャレンジしました。
       

画像説明必ず入力

—検定講習を受けた時、どのような感想を持たれましたか?

【スマートBBQ】の知識と技術は、インストラクターだけが持っていればBBQ全体が楽しくなるものじゃなく、 居合わせるみんなにも簡単な知識や技術があればもっとBBQは普及するし、マナーも備わって気持ち良いBBQが繰り返されて良いのにな、と思いました。
日本バーベキュー協会の下城会長のバーベキューに対する愛情の深さは誰よりも強く、文化とマナーと安全の普及として【スマートBBQ】を教えてくれた会長は、私にとってバーベキューのリーダーであり、とても尊敬しています。
       

—現在はバーベキューインストラクター検定時のサポーターとしても活動されていますね。インストラクターの皆さまとはどのような交流をされていますか。

サポーターをしているインストラクター仲間が開催するBBQでは、検定で学ぶ事以外にもたくさんの安全な技術や美味しいメニューに出会えます。 休日や余暇の楽しみの一つとしてたくさんのBBQに参加し、楽しみながら自分のスキルアップにもつなげています! メールや電話で連絡を取り合いながらサポートしたりサポートをお願いする中で、自然と親睦が深まりました。

また衛生に関する部分は、人の目がないところや知識のない人の前では気を抜いてしまいそうになりますが、インストラクターやサポーターとの交流の中では衛生管理に対する緊張感があるので、 自然と衛生管理の意識がつくようになりました。
       

—参加者にはパパ世代の男性が多いように思います。女性が参加されることについてどのように思われますか?

女性にももっとBBQシーンに参加してほしいです。【スマートBBQ】の知識・技術・マナー・安全はバーベキューに参加する皆が持ち合わせてもらえるといいな、と思います。 特定の人だけに負担をかけず、皆で分業することも楽しさを分かち合う秘訣だと思うので、働く女性が増えて家事を手伝ってくれる男性が増えたように、「アウトドアといえば男の世界」的な意識は無くして、 女性もどんどんアウトドアを覚えれば皆で協力できる楽しいバーベキューになると思います
       
—このたびネットで学べる検定が始まりました。ご覧になっていかがですか。

検定後は時間が経つと忘れることもあるので、スキルアップの手段としても、定期的に受講したほうがよいと思いました。ネット検定の動画だと細かい動作やタイミングもわかりますし。 オンラインテストは私も実際やってみましたが、先日の上級検定前にさんざん勉強した内容なのに、実は3問不正解だったんですよ…(苦笑)
       

画像説明必ず入力

尊敬する「バーベキューマスター」下城会長と、インストラクター仲間と。


画像説明必ず入力

初級の取得後、約1年後に取得した念願の「バーベキュー上級インストラクター」のIDカード。


—現在のお仕事と、バーベキューインストラクターの活動は関連しているのでしょうか。

普段は病院の管理栄養士として働いています。生活習慣病の栄養指導がメイン業務です。バーベキューインストラクターになったきっかけと本職は全く無関係でしたが、検定内容にある食の安全な取り扱いの点では共通する部分があり、 検定の座学習得には本業の経験が役立ちました。管理栄養士とバーベキューインストラクター活動を今後結びつけていきたいと思っています。
       

画像説明必ず入力

—今後、どのようにバーベキューと、また日本バーベキュー協会の活動と接していかれるお考えですか。

生活習慣病に特有の動物性食品に偏りがちな食生活とバーベキューは隣り合わせなので、BBQじゃない日・普段の日・日常…で心がけるべき食生活の送り方を普及することが、今後の私のミッションと思っています。 バーベキューでも豆や魚が美味しく楽しめるようにメニューを考案したり、食物繊維を補うサイドメニューを充実させたり、管理栄養士ならではのBBQメニューで皆さんをおもてなししたいと思っています。

他にも子供たちをターゲットに【スマートBBQ】体験をやりたいと思っています。小学校の避難訓練の後に【スマートBBQ】で炊き出し練習をやる学校が増えたら、全国的にBBQマナーの向上になるのではないかな? とも思いますし、たくさんの人や家族が体験できる場を作っていきたいですね。

協会の活動としては、検定試験をもっともっと楽しくしたいです。検定会場では見知らぬ者同士が集まっているので会話も弾まず、美味しいものを食べているのに美味しさを声に出して周囲と分かち合う人が少ないことが ちょっと気になっています。場の緊張感を崩さずに、アットホームな感じが検定受講者に伝わって楽しい笑顔がもっとあふれたら最高です。 検定は【スマートBBQ】の入り口なので、感動だけではなく楽しさと美味しさと、一体感も最初のその日に持ち帰って欲しいですしね。
       

—BBQに真摯に向き合っていらっしゃるんですね。最後に、あなたにとっての「バーベキュー」とは何でしょうか?

最高の遊びであり、生活そのものです。美味しく、かっこよく、綺麗に、安全な楽しみ方をしたいですね。生活の随所で「バーベ九則」を思い出すことがあります。 会長の提唱するおもてなしの心を備えると、バーベキュー以外でも身の振る舞いが良くなったし、”来た時よりも美しく”というスマートな片付けは何時でも何処でも実践できるようになりました。 日常生活の質が全体的にアップしたように感じています。

今思えば、【スマートBBQ】を知るまでのBBQ食材は普段から食べ飽きているものばかりで、食べ物よりも雰囲気を楽しむだけの少し面倒なものでした。 【スマートBBQ】で普段は食べられないような美味しいお肉の調理法を知り、また食べたい!またやりたい!そんなワクワクが止まらない、バーベキューは楽しくて素敵なアソビに変わりました。 こんな気持ちをたくさんの人に知って欲しいですね。


おかげさまで9周年
Pertner