N-Academy Interview

第1回 学研 湯本博文のビックリ科学体験会レポート

体験会レポート

第1回 学研 湯本博文のビックリ科学体験会レポート(PC/SPき共通表示)

2010年12月19日に開催した「第1回 学研 湯本博文のここでしか見られない ビックリ科学実験」のご報告です。
当日は、お台場の日本科学未来館に、午前、午後合わせて200名以上の親子が集まり、「飛び出せ科学くん」などに出演する湯本博文先生の実験を目の前でご覧頂きました。

第1回目の実験テーマは「空気」と「音」。普段周りにあるものの、形の見えない「空気」と「音」を、湯本先生の実験で体感してもらい、子どもたちに科学に興味をもっていただくことが目的でしたが、 大人でも充分に楽しめる実験内容で、アンケートでも多くの方から「子どもだけでなく、大人の自分も楽しめた」との声を頂きました。


空気に重さはあるのか?

大きな風船を膨らませ、それにぶつかることによって空気の重さを体感。
風船の中にある空気でも、人にぶつかるとかなりの衝撃があることを見て、空気に重さがあることを学びます。

article

ジャンボ風船に触れる子どもたち

article

ジャンボブロアでさまざまな造形物を浮かせる湯本先生

空気の流れの観察実験

ジャンボブロア(風を送風する装置)で、ボールや、穴あきボール、サイコロ、ドンブリなど様々なものを浮かして、どのような浮き方をするのか?(そもそも)浮くのかを実験してみます。
それぞれ「どのようになるのか、想像してみよう!」と子どもたちに語りかけながら、実験をすすめていくと、子どもたちからも「浮かない!」「回転しながら浮く!」など色々な意見が自然と出てきます。 子どもたちと意見を交わしながら、空気がどのように造形物に対して影響を与えるのかを学びます。

空気のエネルギー実験

TVなどで見たこともある子が多い「空気砲」をつかった実験。
ただ、実際にやったことがない子どもたちも多く、空気砲がどんなものなのか、改めて体験します。
実際に空気砲を浴びると、想像以上のパワーに子どもたちもびっくり。

article

大型空気砲を放つ湯本先生

article

空気砲から放たれた玉

空気砲の玉の動きを観察

ドライアイスで、空気砲からでてくる玉の動きを、目に見えるようにすると・・・。
なんと、空気砲の玉は、輪になっていました!
さらによくみると、その輪は、うずになり、くるくると回転しています。
玉となったエネルギーがどのように移動していくのか、目にみえることで、台風や竜巻などの仕組みを学びます。

ばね電話はどんな音?

こんどは音の実験。糸電話の糸をバネに変えたら聞こえ方はどのように変わるのか。

実際にバネ電話をつかって実験してみます。糸をバネに変えると・・・。

#バネ電話は本講座の教材でもあるので、ぜひやってみてください!

article

子どもたちとバネ電話実験をする湯本先生

article

子どもたちと握手する湯本先生

実験の最後は握手会

実験終了後は湯本先生との握手会。

たっぷりと実験を「楽しんだ」子どもたちの満足そうな顔が、とても印象的でした!


湯本博文の親子で楽しむ【学研科学実験講座】 講座詳細はこちら


湯本博文の親子で楽しむ【学研科学実験講座】 その他のセミナーレポート/インタビューは下記講座の受講者の声ページをご覧ください。
湯本博文の親子で楽しむ【学研科学実験講座】


無料体験講座はこちら (会員登録[無料]が必要となります)

link

おかげさまで9周年
Pertner