空白お得キャンペーン《2017年 春トクキャンペーン 実施中!》 講座数 209 会員数

スイーツ・マスターコースの授業レポートスイーツのメッカ自由が丘のアトリエで
実技講習を受ける「スイーツ・マスターコース」
の授業をレポート!

実習の前夜。SUPER SWEETSのアトリエでは…

スイーツ・マスターコースの実習が行われる前日の夜。アトリエ(実習会場)をのぞいてみると…

辻口博啓プリンシパルとSUPER SWEETS SCHOOLの講師陣が集まって、翌日のスイーツ・マスターコース実習に向けたミーティングをしていました。
初めてのアイテム実習の前にはこうして必ず実際に実地検証してるのですが、翌日の実習には辻口シェフ自身がが参加できないこともあり、特に念入りです。
その目は真剣そのもの。味だけでなく、仕上がりの細部はもちろんのこと、その教え方についても事前の打ち合わせを実際にロールプレイングしながら検証しています。

打ち合わせの随所に辻口シェフをはじめとした講師陣のこだわりが見えます。


スイーツ実習の準備
辻口シェフをはじめ講師全員が、明日の実習に備え、ロールプレイングで手順を検討しています。
受講者の過去の提出課題などもチェック。
スイーツ実習の準備、辻口シェフ
「明日参加する受講者のこれまでの受講状況や、課題を通じて事前に察知しているその方の弱点、要望などをできるだけ考慮するように実習を組み立てます」と飯盛有希乃先生。

毎回の実習ではスタッフ3名に対し、受講者数は多くても4名まで。こういった配慮ができるのも少人数制のマスターコースならではですね。

SUPER SWEETS SCHOOL講師陣をご紹介

SUPER SWEETS SCHOOLでは、プリンシパル兼講師の辻口博啓シェフの他、2名の常勤パティシエールが指導にあたっています。
プリンシパル 辻口博啓シェフ
プリンシパル 辻口博啓シェフ
「モンサンクレール」オーナーシェフパティシエ。5度の世界大会に日本代表として出場し優勝経験を持つ。自由が丘にある「モンサンクレール」「自由が丘ロール屋」の他、コンセプトの異なる10ブランドを展開。各企業とのコラボレーションやプロデュース、講演やテレビ・ラジオレギュラー番組への出演など幅広く活躍中。

受講者へのメッセージ
「マスターコースが始まったことで、受講者の方と講師である私たちとの密接な繋がりが、より生まれてきました。実際にリアルでにこのキッチンに来てもらうことで、より踏み込んだ部分まで教えられます。スイーツ作りを教えられる教育者を育成するのがこのSUPER SWEETS SCHOOLであるし、仕上げにあたるのがマスターコースです。ぜひマスターコースを出た後は、ご自宅でSUPER SWEETS SCHOOLの名をもって開業して欲しいですね。」
講師 横田康子先生
講師 横田康子先生
地元のケーキ店、六本木のLE CHOCOLAT DE Hを経て、SUPER SWEETSへ。受講者とのふれあいの中で新たな発見も多く、プロになった今でも毎日が勉強です!

受講者へメッセージ
「食べても作っても幸せな気分になれるお菓子って素敵ですよね。それには、しっかりとした基本を身につけることが大切です。素敵なお菓子ライフのお手伝いができれば。と思っています。ちょっとした疑問も一緒に考えて解決していきましょう!」

全国から自由が丘のSUPER SWEETSアトリエに集合!

モンサンクレール
この日は土曜日。午後から実習です。
全国から電車・飛行機・深夜バスで集まる受講者を考慮して午後から行われました。

実習会場のSUPER SWEETSアトリエは、辻口博啓がオーナーシェフを務めるパティスリー『モンサンクレール』からすぐ近くにあるアトリエです。
この日、広島や長崎など、遠方から駆けつけた受講者は大興奮。

現在の実習は、月に1~2回ぐらいのペースで行われています。
最大1年の受講期間中、合計11回の実習は合計11回。
遠隔地の方を考慮して土日を使った2日実習も行うなど、受講者それぞれの希望ペースをヒヤリングしながら実習プランを作っています。

まずは講師の説明から

スイーツ実習、講師の手元 授業中は講師の手元が見やすい位置に移動したりできますし、カメラ撮影ももちろんOKです。講師の解説と合わせ、手元や生地の状態をきっちり学んで帰れますね。

カメラという趣味もお持ちのmaikoさんは、お料理を作ってお友達を招く事が大好きなんだそうです。いつか隣国でスイーツ作りを教えたいという大きな夢をお持ちです。長崎から参加されています。

maikoさんのインタビューはこちら

受講者:maikoさん

受講者:中嶋さん

中嶋さんもデジカメでしっかり記録。サロン開業が夢の中嶋さんはご家族との生活の中で、地元山梨での地域食材を取り入れてスイーツ作りを楽しんでいらっしゃいます。

中嶋さんのインタビューはこちら
「スイーツ・マスターコース」はサロン運営・スクール開業・インストラクターを目指す方を育成するコース。
その他にもプロのパティシエや、お菓子作りのスキルアップを目指す方など、それぞれの目標を持ったクラスメイトと、同じ教室でお互いを高めあいながら学べるのも、このコースの魅力です。

まずは、先生がデモンストレーションしながら説明を行います。「人に教えられるレベルになるように、感覚でつかんでもらえるだけではなく、理論的な説明もできるようになっていただけるように心がけています」とおっしゃる先生方。

現場で様々な材料を扱ってきた講師だからこそ、材料の銘柄やそれぞれの特徴なども詳しく解説があります。
写真を撮ったり、メモを取ったり、一語一句を聞き逃さないよう、みんな真剣です。

中には難しい話もあるし、使ったことのない材料や道具も登場して、ちょっと不安な気持ちになるかも…。でも、受講者には、スイーツ・ベーシックコースやスイーツ・アドバンスコースで学んだ基礎があるので大丈夫!実はこの実習の流れは、受講者が自宅で学んできた学習方法とほぼ一緒なんです。
画面上で先生のデモを見て、作業イメージを固めて、ポイントをメモして、自宅のキッチンで実際にやってみる。初めて集まったメンバーでも不思議なぐらいスムースに、自然にこのアトリエで行われていました。

実習開始!

実習は、お菓子作りの基礎の基礎、計量の作業から始まります。
SUPER SWEETS SCHOOLの実習では、計量から仕上げまで、工程の全てをひとりで実習することができます。
苦手なポイントも見落さずにすんで、早く上達しそうですね。
スイーツ実習、道具 量りからお鍋にいたるまで、それぞれの受講者に必要な道具がすべて用意されています。
受講者:後藤さん 薬局を併設したカフェを開くのが夢という後藤さん。愛知県から参加です。先生の説明にあった注意事項に気をつけながら、ハンドブレンダーを回します。

後藤さんのインタビューはこちら
受講者:村田さん もうすぐ海外留学を予定していらっしゃる村田さんは石川県から参加。日本で学んだ知識をぜひ海外でも活かしてほしいですね。

村田さんのインタビューはこちら

実習終了

スイーツ実習、キャラメル・ムー
本日のアイテム『キャラメル・ムー』の完成です。みなさん、カットするのに苦戦した様子ですが、上手にできていますね。この日は他にも『パート・ド・フリュイ』(写真奥)を製作しました。

実はレッスンはまだ続いています。実習終了後は、自宅に帰って、自宅のキッチンで再度制作をしていただきます。講師のアシスト無しにスイーツを仕上げ、撮影。これを提出して、講師の再チェックを受けるのです。
これにより、技術として定着したのか、アトリエではない自宅の環境で再現ができるか、この2つを講師が見極めます。

最終課題には、オリジナルスイーツの製作が待っています。受講者のみなさんは、実習を重ねるごとに、夢に近づいていますね。講師もそんな受講者をあたたかくサポートしてくれます。
みなさん頑張って!

辻口シェフからのN-Academy1周年お祝いメッセージ



Nアカ講師の1周年メッセージムービーを公開いたしました!!
サイトをご覧の皆さまに向けて、辻口シェフの講座に込めた想いやメッセージをお話しいただいています。

インストラクターや開業も目指せるプレミアムレッスン
講座一覧

無料講座


受講者の声
女子会で出会ったタロットが自分の仕事になりました。
タロット占い
続きを見る
1ヵ月の親子レッスンで効果を実感。自己ベストを更新!
かけっこ
続きを見る
ばれやすい方法や重要な場面など、なるほど!な指摘ばかり
マジック
続きを見る
パティシエには男性もいる。男がスイーツを作るのは自然なこと。
スイーツ
続きを見る
学割

奨学割