空白お得キャンペーン《2017年 冬得キャンペーン 実施中!》 講座数 209 会員数

動画添削例

「かけっこ講座」では、レッスンして分からない事や、タイムがなかなか上がらないことあれば、お子さまがかけっこをしている映像(正面・側面)を提出していただくと、講師より動画レッスンに即したアドバイスをさせていただきます。ここでは、受講生と野村講師との添削例をご紹介いたします。

かけっこ[正面]




添削者のコメント
BAYさま、かけっこ講座の受講ありがとうございます!野村朋子です♪
正面からお子さんが走る動画を見せて頂きました。良い顔をして走ってらっしゃいますね!

今は少し身体を揺らしながら、つま先が内側に向いてしまう走りになっているので、
練習を重ね≪力強く大きな走り≫ができるようになって欲しいと思います。

そのためには、まず、ひとつひとつの動きを習得することが大切です。
ゆっくりじっくりチャレンジしてみてください!

まずは、Lesson1の基本運動の「ももあげ」を見ながら、
30回つま先を真っ直ぐにし正しくリズム良く動き続ける練習にチャレンジ。
きっと、走るときに、ストライド(歩幅)が大きくなりスピードにのれるようになってくるはずです!

それが出来るようになったら、Lesson2「スタートダッシュ」を見ながら、前傾姿勢&素早い動きにチャレンジ。
身体が素早い動きを覚えるまで繰り返し「最初の5歩」の練習をしてみてください。
きっと、お友達に負けないスタートダッシュができるようになります!

そして何より、身体の軸と体幹のバランスを整え俊敏性を高めるための練習が必要です♪
Lesson3の「ゴムジャンプ」に1週間チャレンジしてみてください。みるみるうちに動きが変わってくるはずです!

あとは、練習の最後に必ず、どんな小さなことでも良いので、お子さんの良いところを見つけ褒めてあげてください♪
言葉にすることで「お父さん・お母さんは、いつも応援してるよ!」というメッセージがお子さんに伝わります☆
これが魔法の言葉となり、お子さんの成長と自信につながります!

かけっこ講座を受講されるお子さん、そして、ご家族の皆様がニコニコ笑顔になれると心より願っています♪
元気に楽しくかけっこ練習し続けてくださいね!いつもいつも応援しています♪

かけっこ[側面]




添削者のコメント
BAYさん、正面の動画に引続き、側面の動画も見せて頂きました♪

撮影されている歩数が15歩程度なのでスタートダッシュのみのコメントにさせて頂きたいと思います。

最初の5歩は前傾姿勢で目線は斜めしたにしたまま走ってみてください!
直ぐに身体を起こしてしまっているため、スタートダッシュでスピードにのれていない感じがします。

お子さんへは『「もっと前に前に進むぞっ!」という気持ちを持って走ってみて☆』と、声を掛けてみてください。

感覚が良く分からないときは、Lesson2「スタートダッシュ」のロケットスタート(ゴムチューブで引っ張る練習)を試して、
≪スピードにのる感覚≫を体感してほしいと思います。

なかなか動きが変わらないときは、スタート10歩のタイムを計るのも有効です。
お子さんに目に見える形で≪今のはOK!今のはNG!≫とタイムを見ながら遊び感覚でチャレンジしてみてください。

スタートダッシュは、かけっこで一番最初の勝負☆
誰にも負けないスタートダッシュを身に付けてほしいと思います!

笑顔で楽しく練習し続けてくださいね♪
講座一覧

無料講座


受講者の声
女子会で出会ったタロットが自分の仕事になりました。
タロット占い
続きを見る
1ヵ月の親子レッスンで効果を実感。自己ベストを更新!
かけっこ
続きを見る
ばれやすい方法や重要な場面など、なるほど!な指摘ばかり
マジック
続きを見る
パティシエには男性もいる。男がスイーツを作るのは自然なこと。
スイーツ
続きを見る
学割

奨学割