N-Academy『ここがポイント!グループディスカッション対策講座』の講師を務める株式会社カケハシスカイソリューションズの人材コンサルタント、宮川七瀬氏と武部美紀氏のお二人に、現在、就活市場で求められる人材像、必要なスキルなどいろいろなお話をうかがいしました。
※本インタビューは2012年4月に取材した内容で、講師の肩書き等の情報は取材当時のものとなります。


求職者と企業の「カケハシ」

miyakawa01_s.jpgNアカ:カケハシソリューションズの事業内容を教えていただけますか?

宮川:カケハシスカイソリューションズは、中小中堅企業様に対して、人材採用・組織強化・販促、ブランディングなど、企業成長に必要なソリューションを提供する会社です。

Nアカ:宮川さんと武部さんはその中でどんな仕事をされているのですか?

武部:ヒューマンリレーション部という部署で、その会社に合わせた採用戦略や組織戦略を立て、提案をしていく仕事をしています。経営者や人事担当者と一緒に、毎年継続して人が採れる、人が育つ仕組みをつくっています。

Nアカ:人材コンサルタントというのは具体的にはどういうことをしているのですか?

宮川:例えば、新卒採用のプロジェクトであれば、より優秀な人材を採用したいという企業様に対して、そもそも「優秀な人材」とはどういうことなのかというターゲット設定や、ターゲット人材にどのようにアプローチすればよいかというプロモーション企画、また説明会や選考内容の提案など、内定承諾に至るまでのプロセスを一つひとつを企業様と一緒に作っていく仕事をしています。

企業は、変化を求められたときに変われる人を求めている。

takebe03_s.jpgNアカ:今、企業から求められている人材とはどんな人材なのでしょうか?

武部:各社それぞれだと思いますが、共通しているポイントは世の中の動き・ニーズに合わせて柔軟に変化できるという点だと思います。
リーマンショック以降、世の中の変化のスピードがますます加速する中で、社員の方々も変化を迫られています。

たとえば、既存事業以外に新たな事業の創造を求められたり、海外での活躍を期待されたり。任された仕事を真面目にしっかりやれば認められるという時代ではなくなってきていると思います。

顧客や世の中の変化を敏感に感じとり、自ら変化し新たな価値を生み出せる人材こそ、企業が求めている人材だと思います。

入社前の面接で、企業側から求職者に対して、仕事内容ややりがいについてお話しする機会があると思いますが、10年後も同じ仕事をやっていて欲しいかというと「わからない」もしくは「そうではない」というのが、企業の本音なのではないでしょうか。


Nアカ:具体的にはどんなスキルが求められるのですか?

宮川:コミュニケーション能力はより高いレベルで求められるようになっていると思います。

新たな価値創造をする際、一人または一社でできることはたかが知れています。社内外問わず異なる専門性をもった人(企業)と協業していく必要があります。相手が、日本人(日本企業)であるとも限りません。

今まで日本で重要視されてきた「空気を読める」というような最低限のレベルではなく、専門領域や価値観・習慣が異なる相手と手を組んで価値創造ができるコミュニケーション力が必要となってきているように思います。

企業と求職者のニーズはミスマッチを起こしている。

miyakawa02.jpgNアカ:逆に求職者が求めている企業とはどういう企業なのですか?

武部:求職者は、やはり「安定」や仕事がしやすい「環境」を求める傾向があります。一方、企業は、求職者に「自立」、つまり自ら動いて、自らつくり上げる力を求めるので、そこがマッチしてないのが現状ですね。
例えば、短期的な高い給料よりも、長期的な低い給料を選ぶような傾向が強いんです。

Nアカ:企業ニーズと求職者のニーズは真逆ですね。

宮川:安定の捉え方が根本から食い違っているように思います。
経営者は、安定は会社に求めるものではなく、自分の能力・スキルに求めることだと考えています。会社がなくなっても、自分で食べていけるスキルを磨いてほしいと。

一方で、求職者は会社が潰れないかという点を見ているように感じます。本来見て欲しいのは、この会社で「自分自身を安定させる力がつくのか」というポイントなのですが。

Nアカ:自分のために一生懸命スキルアップをしている学生ってどうなんでしょうか?

武部:ものによると思うのですが、資格をいっぱい持っているからって、企業が採用するかというと正直そうではないですね。

Nアカ:資格は武器にはなっていないということですか?

宮川:目的が明確な場合は武器になると思います。例えば不動産業で将来独立することを目標にしていて学生時代に宅建とりましたというのは評価されると思いますが、それは資格をもっていることよりも、目的意識が強くこの人であれば入社後に成果を出してくれるだろうという点での評価だと思います。逆に、資格をたくさん持っていても目的意識が低い人は評価されません。

コツと目的を知るだけでスタートラインが上がる「グループディスカッション対策講座」

miyakawa03.jpgNアカ:「グループディディスカッション対策講座」の見所はどこですか?

宮川:評価者の視点でグループディスカッションを見られる点だと思います。グループディスカッションはいわゆる疑似会議ですが、実際の会議と多少異なります。

たとえば、実際の会議では発言しなくてもよい場面でも、グループディスカッションでは自分をアピールするために発言したほうがよい場合もあります。
このように多くの方が、グループディスカッションの目的や評価のポイント、時間の使い方などを理解せずに、昇格試験・採用試験に臨んでいます。能力の高い人材が本来の力を発揮できず、試験に落ちてしまったというのはよくある話です。

グループディスカッションは場数が増えれば合格率が高くなっていく類の試験なので、事前の準備や学習はとても効果的だと思います。

武部:この講座を通じて「客観的視点」を磨いていただきたいと思います。グループディスカッション問わず全ての試験に共通することですが、何故この試験をやっているのか、評価者は何をみているのかという視点で見ると、自分の取るべき行動が分かってくると思います。「客観的視点で物事を捉えられる」という点も、企業が高く評価するポイントだと思います。

Nアカ:どんな人に講座を学んでほしいと思いますか?

武部:採用や昇格の試験を控えている方はもちろんですが、自分の考えを人に伝えることや集団でのコミュニケーションが苦手な方にも活用いただきたいですね。試験だけでなく、日常でも活かせるスキルがたくさん盛り込まれているので、ぜひ多くの方にご受講いただければと思います。

講師プロフィール

miyakawa04.jpg宮川七瀬/株式会社カケハシスカイソリューションズ

株式会社カケハシスカイソリューションズの前身である株式会社ワイキューブに2005年に入社。人事コンサルタントとして、採用、教育研修、評価制度など、多くの企業の人事制度構築に携わる。
また、新入社員研修から管理職研修まで、企業の成長に合わせたオリジナル研修プログラム開発、講師も手がけている。